夫のやらかした金銭問題②〜私名義のカードの偽造〜

離婚の理由

私名義の信販系カードを作り、キャッシング。

夫がやらかした金銭問題のふたつめは、事業を立ち上げた当時、運転資金の為に私名義の信販系カードを勝手に作りキャッシングを繰り返していたことです。

それは上の子をベビーカーに乗せて仕事場に寄った時の事、デスクの上に、私名義で、私の作った覚えのないカードのキャッシング明細があったことで発覚しました。かなりの金額でした。

当然夫を問い詰めました。「なんで私が作った覚えのないカードの、キャッシングの明細があるのか?」「どうやってそのカードを作ったのか💢?」この時も夫は「俺が払うからお前に関係ないやろ?」(人の名義のカードを勝手に作ってキャッシングして、関係ない訳ないだろうが💢!)話の内容から前に働いていたバイトの女の子にちょっと強めに強引に命令して作らせたものだということが判明しました。死ぬほど腹が立ちました。もう少しで3桁に届きそうな金額です。許せるはずもありません。「そのバイトの連絡先教えろ!これは詐欺や!警察に言う!💢」あらゆる言葉で罵倒しましたが、夫がそのバイトの詳しい情報を口を割らなければどうなるものでもありません。強引に造らせたのは夫で、おそらくそれが嫌でそのバイトはすでに辞めていました。その子は詐欺の片棒を担いだのです。連絡先も私には知る由もありません。ただモヤモヤする思いを抱えて家に帰りました。その当時はまだこんな風に簡単に?カードが作れたと言う事実に驚愕します。これは立派な詐欺行為なのに・・・。

今思えば夫は昔から、お金に関しては悪知恵が働く奴でした。小さく悲しい男です。自分の金策の為には嫁名義で勝手に借金もするクズ。夫にとって私という存在は、金策には都合の良いものだったのでしょう。情けない限りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました